援助交際をアプリで求めたら法律違反になるのか

アプリももう数えきれないほどのものが世に登場しています。
出会い系アプリにしても、大手の出会い系サイトは、こぞってアプリを出しています。
それを使った援助交際も無くなることはないでしょう。

援助交際と法律

しばしば今でも援助交際をしたとして、男性が警察に捕まることが、ニュースになります。以前よりかは減っていますが、それでもこれからも無くならないでしょう。
しかし、アプリで援助交際を求めたら法律違反になるのでしょうか。
援助交際と法律をみていきましょう。

まず、アプリで援助交際相手の募集の書き込みをしただけで、法律違反になる場合もあります。
それは未成年を援助するという内容の場合です。実際に出会っていなくても罰せられてしまいます。
これは、出会い系サイト規制法にかかることとなり、100万円以下の罰金になるのです。

そして、実際に18歳未満の未成年と性行為やそれに準ずるような行為をすると、5年以下の懲役、または300万円以下の罰金となります。児童売春、児童ポルノ処罰法により罰せられることになります。

相手が18歳未満とわからなくても、実際には身分証にて確認したかも問われますし、知っていなくても結局は罰せられるケースもよくあります。
女性が偽っていたとしても、18歳未満だと処罰されるんだと思っていた方がよいでしょう。

18歳未満には近寄らない

18歳未満に誘惑されてしまうこともあるでしょう。相手が誰でもいいと思うこともあるでしょう。
しかし、18歳未満は近寄らないことが身のためです。